TOP 概要・役割 仏教章研修会について 指導者研修会について 募集・研修会開催案内 会員information スカウト浄土
TOP  >>  概要・役割  >>  当会の役割・宗教礼拝・スカウト運動支援活動

★当会の役割 
最初に、なぜ当会がスカウト運動に参加し、運動を奨励したり、支援をするのかということを簡単に説明しましょう。
まず第1に、(財)ボーイスカウト日本連盟教育規定に「本連盟は、加盟員が、それぞれ明確な信仰をもつことを奨励する」とあるからです。つまりスカウトは明確な信仰をもって社会生活を送り、より良き社会人になるために日々努力しているのです。それはまさに私たち僧侶の姿と一致しています。ただし、スカウト運動では特定の宗教だけを支持することはできません。ですから当会が、スカウトの中で浄土宗を信仰するもの、信仰しようとするものを手助けする役割を担う必要があるのです。
第2に、スカウト運動の歴史の中で指導者養成の研修システムが実にうまく構築されていることにあります。これは直接浄土宗信仰とは関係ありませんが、当会や浄土宗が指導者を養成する必要がないということです。従って、当会はスカウトや指導者に対し信仰の奨励という役割に集中することができるのです。
第3に、信仰奨励が宗教章という明確な形になっているということです。しかも高校生年代のスカウトに対し、堂々と念仏信仰、法然上人の教えを伝えることができるのです。これが当会の大きな役割です。
★宗教礼拝  
ボーイスカウトでは、大きな大会があると必ず宗教礼拝をする時間があります。それぞれのスカウトが自分の信仰する宗教の場所に集まり、みんなでおつとめをしたりお話を聞いたりします。仏教では、各宗持ち回りで実施したり、あるいは各宗派別々にスカウトを集めおつとめをしたりしています。
そこで浄土宗の宗教礼拝を担当するのが当会の役割です。山の中、みんなでお十念をすると、大自然の中本当に阿弥陀さまに包まれているような体験ができます。
★スカウト運動支援活動 
浄土宗スカウトを育てるためには、地域のスカウト運動が活発にならなければなりません。当会の会員は、寺院が育成会となり団を起こして浄土宗スカウトを育てている方もおりますが、多くの会員は地域のスカウト運動に協力する形で支援活動を行っています。
地域の団に倉庫を貸したり、活動場所を提供したりするだけで、スカウトはお寺に集まってきます。そして、自然と信仰心を芽生えさせるのです。
どうぞ多くの浄土宗寺院、あるいは教師・寺族・檀信徒の皆さまが、スカウト運動に興味を持ってかかわられ、小さな信徒が数多く育つことを念じております。


浄土宗スカウト連合協議会
 
〒105-0011  東京都港区芝公園4−7−4 明照会館内 社会国際局内
TEL:03-3436-3351(代) FAX:03-3434-0744
事務局  
〒153-0061  東京都目黒区中目黒5-24-53 祐天寺内
浄土宗スカウト連合協議会事務局【担当:脇川・東谷】
TEL:03−3712−9960  FAX:03−3760−6283

電話でのお問い合わせは午前9時から午後5時までの間にお願いします。
メールでのお問合せは、上記「浄土宗スカウト連合協議会」をクリックし、フォームメールにてお願いします。